「でれすけほうほう」・「ボクとムーサの物語」

「でれすけほうほう」・「ボクとムーサの物語」
 

こども・市民ミュージカル事業案内

こども・市民ミュージカル事業案内
 
「でれすけほうほう」公演の御礼&ボクとムーサの物語」公演延期について

 平成26年度に教育委員会で始まった表現教育事業「佐伯市こどもミュージカル」は、子どもたちに芸術を愛する心と、豊かなコミュニケーション能力の育成を目的として、地域の実行委員会と共に歩んできました。平成30年度には2018おおいた国民文化祭・全国障害者芸術・文化祭において、プロの芸術家たちと市民が共演するほか、海を越えて沖縄県浦添市ゆいゆいキッズシアターの中高生を招へいし「タカラとワカ海を越える軌跡」を総勢180名の演者で創り、日本最大の文化の祭典を盛り上げました。令和2年度には、担当部署を教育委員会から、市長部局に新設された「文化芸術交流課」に移管し、芸術の持つ力と子ども力、さらには市民文化創造の場として、さらに発展させる仕組み作りを行っています。

 

 さて、昨年度は、97名の団員が二つの組に分かれて稽古に励み、2月23日公演の「でれすけほうほう」(脚色・演出:清末典子氏)は経験を積んだ団員たちが、さらに高みを目指し努力し、大輪の花を咲かせる成果発表を行うことができました。

地域の民話を題材に狂言と現代音楽融合された新感覚の舞台は、来場者から多大なる拍手と感動の声をいただきました。本当にありがとうございました。

 

 そして、1か月後に控えておりました「ボクとムーサの物語」はコロナウイルスの感染予防のため、現在延期中となっております。

チケットにつきましては、みなさまのご協力とご理解の元、そのままお持ちいただき、公演をお待ちいただければ幸いです。なお、どうしてもご都合がつかない場合は、払い戻しをさせていただきます。

 

 今後、コロナウイルス感染拡大の予防のために、実行委員会は市の対策本部と連携し、子どもたちにとって一番良い方法を考えていきます。引き続き、気持ちを繋いでいきましょう!

応援をよろしくお願いします。

 

 

6期生「でれすけほうほう公演」応援をありがとうございました!

6期生「でれすけほうほう公演」応援をありがとうございました!
 
蒲江の民話を題材に狂言の舞や現代音楽との融合による新感覚のミュージカルは、千人の来場者の拍手喝采を受け、大輪の花を咲かせた感動の舞台でした!
 
 
華やかな「海賊」たち躍動感ある踊りと歌は観客を釘付けに!
 
演出家の清末さんと公演後の写真は、成功を物語ります。
 
 

館内の様子

館内の様子
 
楽しいひろばは、ままごとやブロック、積み木などたくさんのおもちゃがあります館内のおもちゃは、寄贈いただいた物も多く、感謝しています。みんなで大切に使います。
 
ひろばでは乗り物も豊富にあります。
よちよち歩きのお友達にはカタカタが人気
 
 
絵本やママの読み物貸し出し可能です。楽器はピアノ・エレクトーン・バイオリン等が置いています。使用する際には楽器を大切に扱うマナーを子どもたちに伝えるために、スタッフに声をかけてもらっています
 
 

2019年2月29日「でれすけほうほう」

2019年2月29日「でれすけほうほう」
 

パンフレット

パンフレット
 
 
 

「でれすけ」「ムーサ」パンフレット

「でれすけ」「ムーサ」パンフレット
こども・市民ミュージカル
及びシニアミュージカルの
担当部署が令和2年4月から
こちらになりました!
  ↓
佐伯市役所本庁2階
文化芸術交流課 
文化芸術振興係
☎0972-22-4529
 
ミュージカル7期生親子説明会
 令和2年6月26日(金)
 弥生地区公民館
 全員
 19時半〜20時半に
 なりました!
  
  
 
 
 
 
<<NPO法人さいき劇場・佐伯市子ども夢まちづくり実行委員会>> 〒876-0845 大分県佐伯市内町1-6 TEL:0972-28-5544 FAX:0972-28-5544